/*サーチコンソール*/ /*google adcense*/

チワワの性格・特徴・平均寿命、かかりやすい病気と対策

2019年9月10日

犬にはいろいろな種類がおり、それぞれ性格や大きさ、見た目の特徴が変わってきます。

本記事では数ある犬の種類の中で世界最小と言われている「チワワ」の特徴や性格、平均寿命やかかりやすい病気とその対策について見ていきましょう。

ハリボー
ハリボー

チワワってあのふわふわな毛がかわいいよね。

違うよ、チワワって体のラインが見えるくらい短毛なんだよ?

ヒナ
ヒナ
ハリボー
ハリボー

え?

え?

ヒナ
ヒナ

チワワの特徴

世界最小の犬種

チワワは世界最小の犬として知られる犬です。手足が細く小柄なチワワですが、胴体と頭蓋骨はがっちりとしており、機敏な動きをする犬種です。その他、大きな瞳と立ち耳も特徴的です。

体が小さく機敏なチワワはとても活発で、家の中を走り回ったり飼い主とたくさん遊ぼうとします。これだけで1日の運動量をこなしてしまうため、とても飼いやすい犬として日本ではトイプードルの次に人気がある犬種です。

毛色

チワワはカラーバリエーションが豊富な犬種です。ホワイト、ホワイト&ブラック、ホワイト&ブラウン、タン、タン&ブラック、その他様々な毛色があります。

しかし、マール、マール&ホワイトの毛色は、遺伝性疾患が高くなるとされています。そのため、現在は繁殖に使うことを禁止されています。

ロングコートとスムースコート(被毛の種類)

チワワは被毛の長さによって2種類に分けられています。長毛のチワワは「ロングコート」、短毛のチワワは「スムースコート」の2つに分けられます。毛並みの良さと優雅な見た目からロングコートのチワワの方が人気があります。

チワワはもともと短毛であるスムースコートが一般的でした。ロングコートは、スムースコートを原種とした後発の種類です。見た目の違いは明らかですが、性格も違います。

スムースチワワ

スムースチワワ

画像出典:みんなの犬図鑑

ロングコートチワワ

ロングチワワ

画像出典:みんなの犬図鑑

ハリボー
ハリボー

チワワって2種類いるんだ、知らなかった、、、

見た目と性格にも違いがあるみたいだよ。

ヒナ
ヒナ
 性格見た目の特徴
ロング気品のあるゆったりとした性格手触りが滑らかな直毛
スムース好奇心旺盛で活発体のラインがくっきりとしている

チワワの性格

チワワはとても賢い犬種です。警戒心が強く、初対面ではあまり懐いてくれないことが多いですが、飼い主に対しては忠実に尽くしてくれます。保守的な性格で、飼い主とそうでない人を区別して考えます。

飼い主のことが大好きで愛情深いチワワは、飼い主が他の人や犬を相手していると嫉妬してしまうこともあります。

基本的に明るく陽気な性格ですが、侵入者に対しては機敏に反応します。番犬としてとても優秀のように思えますが、臆病な面もあります。

チワワの飼い方

過保護にしない

チワワは幼犬期には、女性の手のひらに乗るほどの大きさです。骨格も未熟で、運動をさせたり散歩をさせることで「怪我をさせてしまわないか」と心配になる人も多いです。その心配のあまり、過保護にしてしまうことはチワワにとっては良いことではありません。

チワワは基本的に明るい性格ですがその反面、社会性に弱い犬種です。子犬の頃から散歩をさせ、他の犬と触れ合わすことで社会化することが大切です。幼犬期に過保護にし、他の犬と触れ合う機会を作ってあげないと、いざ成犬となり散歩に連れて行くとすれ違う犬たちに吠えまくるという事態にもなりかねません。

体は小さくても勇敢な性格で、自分よりも明らかに大きな犬に対して吠えかかることもあります。ドッグランなどでは目を離さず、しっかりと見てあげましょう。

チワワの運動量

チワワは活発な犬種で、家の中を走り回ったり飼い主と一緒に遊ぶことを好みます。体が小さく体力も多くないため、これだけで1日の運動量をこなしてくれます。

しかし、先ほども紹介したように社会性が弱い犬種で不用意に吠えたりすることの多い犬です。これを解消し精神的にも安定した犬にさせるためにも、毎日20~30分程度の散歩をすることが大切です。

物覚えが良い犬なので、他の犬に吠えたりするときはしっかりと叱って「他の犬には吠えない」ということを覚えさせましょう。頑固な面もあり、苦戦するかもしれませんが根気よく工夫をしながらしつけましょう。

しつけ方

チワワは学習能力が高くしつけのしやすい犬種ですが、臆病な性格でもあります。そのため、しつけの際に大声で叱ったりこちらが攻撃的になると飼い主を怖がってしまいます。

悪いことをしたときは、「ダメ」や「いけない」など短くわかりやすい言葉を用いることでよく覚えてくれます。チワワは「褒められると伸びるタイプ」の犬なので、いうことを聞いてくれたときには思いっきり褒めてあげましょう。

チワワは甘やかして育てると、社会性の弱さからわがままな性格になってしまいます。吠え癖・噛み癖などが出てしまうこともあるので、幼犬期からしっかりとしつけを行うことが大切です。

温度管理

チワワはロング・スムースともに暑さ・寒さに弱い犬です。冬は被毛が薄いため寒がり、夏は体が小さいことから暑がります。そのためチワワを飼う際には温度管理を行うことが大切です。

家の中では基本的にエアコン等で適温を保ちましょう。夏の散歩は朝方か夕方の暑くない時間帯に行き、アスファルトが熱を持っていることもあるのでそこにも注意しましょう。冬の散歩は日中の暖かいときに、服を着せて防寒対策をして散歩に出かけましょう。

チワワの平均寿命

チワワの平均寿命は、10~16才とされています。振り幅が大きいですが、平均寿命の下限は10才と他の犬種と比較すると低いです。

小型犬のチワワは「体が弱い」という弱点からこのような結果になっているようです。飼い主の後ろを付いてくるチワワに気づかず、踏みつけてしまったという例もあるようなので、注意が必要です。

チワワのかかりやすい病気

ペコ

チワワは頭部に凹みがでる(ペコ)個体がいます。これは頭部の接合部の接合が不完全な状態で生まれてくることで起きます。成長するとともに接合することもありますが、接合しなかった場合、皮下のする下に脳膜が来ることになります。ペコができることで脳膜の神経を刺激してしまい、全身の症状につながる場合もあります。

もし飼っているチワワにペコがある場合、激しい運動や頭に刺激を与える行動は避けましょう。

膝蓋骨脱臼

「しつがいこつだっきゅう」と読みます。膝蓋とは「膝の皿」のことで、この膝の皿がずれたり外れたりする病気を膝蓋骨脱臼と呼びます。

小型犬がなりやすいとされる病気で、骨固形性に問題のある先天性のものと、外からの衝撃によって起きる後天性のものがあります。

先天性の場合は仕方ありませんが、後天性の場合は予防することができます。チワワは活発な性格なため家の中を走り回ります。そのため、フローリングがすべりやすいと転んでしまい、膝蓋骨脱臼を起こしてしまう可能性があります。絨毯を敷いたりあまりワックスがけをしないなど、フローリングですべらないようにする工夫が必要です。

また、階段や段差から飛び降りることで起きてしまう場合もあるので、そういった場所にはチワワが入れない・登れないような工夫をしましょう。

膝蓋骨脱臼は軽度の場合、投薬や生活の見直しで改善することもあります。スキップのような歩き方をする・3本足で歩くようになる・立つのに時間がかかるなどの症状が見られたら、動物病院を受診しましょう。

チワワの平均的な値段

チワワの平均的な値段は20万円前後です。

値段の違いは、毛色やロングコートかスムースコートかなどで変わります。ロングコートの方が人気なため、値段が高価なことが多いです。

また、チワワは純血よりもミックス犬(チワワ×ポメラニアン=ポメチー など)の方が高価な場合が多いです。

ヒナとハリボーの部屋

ハリボー
ハリボー

チワワは長毛と短毛の子がいて、長毛の方が人気なんだね。

性格は大きくは違わなくて少し違う程度みたいだよ。

ヒナ
ヒナ
ハリボー
ハリボー

体が小さくてかわいいけど気をつけないといけないことも多いみたいだね。

でも家で必要な運動量分遊んでくれたり犬の中では飼いやすい犬種だよ。

ヒナ
ヒナ