/*サーチコンソール*/ /*google adcense*/

犬の特徴と飼育方法【フレンチブルドッグ】

2019年11月6日

ペットとして人気の高い犬には様々な種類がいます。それぞれの犬は異なる特徴を持っており、飼育方法が異なります。

今回は闘犬の血を引くけど実はとっても穏やか「フレンチブルドッグ」の特徴と飼育方法について見ていきましょう。

フレンチブルドッグの特徴

ハリボー
ハリボー

フレンチブルドッグって独特なかわいさがあるよね。

闘犬だったブルドッグの血を引いているから頑固だけど、甘えんぼうでもあるみたいだよ。

ヒナ
ヒナ

歴史

フレンチブルドッグはその名の通り、フランスで誕生した犬種です。闘犬とされるブルドッグを室内飼い向きにするため、平和気質なパグや小型犬のテリアなどを交配したとされています。

基本的にパグのような穏やかな性格をしています。しかし闘犬としていた活躍するブルドッグの血も引いているため、頑固な性格や稀に凶暴な一面も見せます。

体のサイズ

フレンチブルドッグの体重は8~15kgです。体高は体重とのバランスにより規定されていますが、平均的に30cmほどです。

見た目の特徴

フレンチブルドッグは大きな顔と耳を持っています。この大きな耳は「バット・イヤー(コウモリ耳)」と呼ばれています。

全体的にがっちりとした筋肉質、骨量は多く引き締まった体格をしています。犬は尻尾で感情を読み取ることができますが、フレンチブルドッグの尻尾は短いため感情を読み取ることができません。

被毛の特徴

フレンチブルドッグは短毛種のダブルコートです。毛が短いため抜け毛が少ないと思われがちですが、実はそこそこの抜け毛があります。

長毛種ほど抜け毛が目立つことはありませんが、換毛期には多くの毛が抜け落ちます。

ワンポイント! 犬の被毛はシングルコートダブルコートの2種類に分けられます。これは犬種によってことなり、毛の構造に関係します。
ダブルコートの犬は被毛が2重構造で、上毛と下毛と呼ばれる2つの毛で構成されています。もともと寒い環境で育った場合が多く、寒さから身を守るために2つの被毛を持っています。

フレンチブルドッグの性格

甘えんぼう

フレンチブルドッグはこわそうな見た目の割にとても甘えんぼうです。「ギャップ萌え」ってやつを感じられるかもしれません。

飼い主のことが大好きで、撫でられたりだっこされると嬉しそうな表情を浮かべます。闘犬であるブルドッグに比べて、甘えんぼうな性格であるフレンチブルドッグは室内犬として最適と言えます。

社交性があり他の犬に対してもフレンドリーですが、家族以外の人間に対してはあまり懐かないことが多いです。

穏やか

フレンチブルドッグはこわそうな見た目の割に(2回目)とても穏やかな性格をしています。運動量も少なく落ち着いた性格をしていますので、こどものいる家庭よりお年寄りのいる家庭や老夫婦に最適な犬種かもしれません。

また、無駄吠えも少ないためアパートや集合住宅でも気兼ねなく飼うことができます。

頑固

フレンチブルドッグは闘犬として活躍していたブルドッグの血を引いています。これまでに甘えんぼう・穏やかな性格だと紹介しましたが、これとは反対に頑固な性格も持ち合わせています。

嫌なことや気に入らないことがあると飼い主のいうことを無視したりすることもあります。基本的に従順な犬種ですが、自己主張が激しいことも少なくありません。

フレンチブルドッグの飼い方

散歩のしすぎに注意

フレンチブルドッグは活発な犬種ではありますが、運動量が少ない犬種です。短頭種であること・ガニ股体型ということから、運動や散歩をしすぎると股関節に負担がかかってしまいます。

激しい運動や長時間の散歩は控えましょう。

しつけをする

さきほど「フレンチブルドッグは頑固な性格」だと紹介しました。これはしつけをすることである程度解消されます。

一番大切なことは、子犬の頃から「飼い主である自分の方が立場が上だ」と思わせることです。犬は自分や飼い主に対して優先順位を決める動物です。小さい頃から主従関係をはっきりさせることで、頑固な性格をコントロールすることが可能です。

ブラッシング

フレンチブルドッグは毛が短いため、抜け毛が少ない犬種だと思われがちです。しかし被毛がダブルコートなため、長毛種ほどではありませんが抜け毛が多いです。

抜け毛を放置していると部屋に毛が散らばるだけでなく、被毛に抜け毛がたまり皮膚炎の原因にもなります。週3回程度を目安にブラッシングを行いましょう。

2種類のフレンチブルドッグ

フレンチブルドッグ」という名前はよく聞くと思いますが、実はフレンチブルドッグには2種類存在することを知っていますか?

フレンチブルドッグは「アメリカタイプ」「ヨーロッパタイプ」の2種類にわけられています。そこまで大きな違いがあるわけではありませんが、それぞれの特徴・性格は以下の通りです。

アメリカタイプ 名 前 ヨーロッパタイプ

アメリカタイプ

画像出典:FrebullPark

写 真

ヨーロッパタイプ

画像出典:FrebullPark

・体が短かくコンパクト 体格 ・シャープで筋肉質
・大きな頭、目
・丸顔
・可愛らしい印象
・小さな頭、顔
・四角い顔立ち
・かっこいい印象
・元気で明るい
・穏やか
・人懐っこい
性格 ・アメリカタイプと比べるとやや冷静
・落ち着きがある

ヒナとハリボーの部屋

ハリボー
ハリボー

フレンチブルドッグって2種類いるんだね。知らなかった。

それぞれ少しずつ特徴や性格が違うよ。

ヒナ
ヒナ
ハリボー
ハリボー

毛が短いし抜け毛は少ないと思っていたけど多いんだね。

短毛だけどダブルコートだからね。ブラッシングはしっかりしないといけないよ。

ヒナ
ヒナ