/*サーチコンソール*/ /*google adcense*/

犬の特徴と飼育方法【ポメラニアン】

2019年11月4日

ペットとして人気の高い犬には様々な種類がいます。それぞれの犬は異なる特徴を持っており、飼育方法が異なります。

今回は小さいけど勇敢な「ポメラニアン」の特徴と飼育方法について見ていきましょう。

ポメラニアンの特徴

ポメラニアンはぬいぐるみのようなかわいらしい見た目で「スピッツ系」というグループに属しているよ。

ヒナ
ヒナ
ハリボー
ハリボー

♪きっみーをわっすーれーn

よし、ポメラニアンの特徴を見ていくよ!

ヒナ
ヒナ
ハリボー
ハリボー

、、、

見た目の特徴

ポメラニアンは小さな頭と大きな丸い目、短い手足が特徴です。

全体的に小さく、ぬいぐるみのようなまるまるとした容姿をしています。

体のサイズ

ポメラニアンは、体高18~22cm体重1.8~2.3kgが理想とされています。

ポメラニアンは小型犬に分類されますが、中型犬だった歴史があります。そのため、小型犬としてはサイズ的にやや大きめな個体もいます。

被毛の特徴と毛色

ポメラニアンはダブルコートの犬で、顔の周り・胸元の毛が長く、豪華な毛吹きが特徴です。全体的にもふもふしています。

被毛の毛色は、ホワイト・クリーム・ブラック・ブラウン・レッド・オレンジなど、さまざまなカラーバリエーションから選ぶことができます。遺伝性疾患がでやすいことから、毛色に灰色が混ざるマール色や眼の青い個体は繁殖に使ってはいけないとされています。

ワンポイント! 犬の被毛はシングルコートダブルコートの2種類に分けられます。これは犬種によってことなり、毛の構造に関係します。
ダブルコートの犬は被毛が2重構造で、上毛と下毛と呼ばれる2つの毛で構成されています。もともと寒い環境で育った場合が多く、寒さから身を守るために2つの被毛を持っています。

ミックス犬

現在、純血種の犬と同じくらい「ミックス犬」が人気です。性格・特徴は組み合わせる親によって異なり、他と違うオリジナル性の高い犬になります。このオリジナル性や、純血種と比べて販売価格が安価なことが人気の理由です。

ポメラニアンはぬいぐるみのようなかわいさから、ミックス犬として繁殖によく使われています。ポメラニアンに限らず、ミックス犬は両親の性格を引き継ぎます。おとなしい犬種でもポメラニアンの血が入ることで吠えやすい性格になるなどの子もいます。

有名なポメラニアンとのミックス犬は以下のようなものがあります。

名  前相手親性格
ポメ柴柴犬 飼い主に忠実で落ち着いているが、噛みグセがある
ポメプートイプードル 明るく社交的で、とてもしつけやすい
ポメックスダックスフンド 賢く甘えんぼうだが、吠えグセや噛みグセがある
ポメチワチワワ 賢く社交的だが、気分屋で吠えグセがある
シーポメシーズー 飼い主に対して忠実で、遊ぶことが好き
ポメキーヨークシャーテリア とても元気だが、自己主張が強い性格
ポメマルマルチーズ 明るく活動的だが、警戒心が強い
ポメパグパグ 明るく甘えん坊で賢い
ポンスキーシベリアンハスキー 飼い主に従順で優しいが、いたずらが好き

両親の性格や育てる環境によって性格は異なるから、参考程度に見てね。

ヒナ
ヒナ

ポメラニアンの性格

勇敢で気が強い

ポメラニアンは小さな体とかわいらしさに反して、中型犬だった頃の名残からとても勇敢な性格をしています。相手が自分よりも大きな大型犬でも、ひるまず立ち向かっていくほどの気の強さです。

警戒心が強く、見知らぬ人や犬・環境の変化に敏感です。これらに対して吠えやすいですが、番犬としては最適かもしれません。

甘えんぼう

ポメラニアンは勇敢で気が強い性格だと紹介しました。これは見知らぬ人や犬に対してで、飼い主に対してはとても甘えん坊です。

依存性も強く、飼い主に対しては「もっと遊んで」「もっと撫でて」と甘えてきます。甘えん坊な犬が好きな人にとってはたまらない性格です。

好奇心旺盛

ポメラニアンは好奇心旺盛で、遊ぶことが大好きな犬種です。犬と一緒に遊びたい人にとって、遊ぶことが大好きなポメラニアンはぴったりです。

しかしデメリットとして、家にあるものを壊されたり、コードをかじったり誤飲するなど危険もあります。外出の際はケージに入れるようにしましょう。

賢い

ここまでポメラニアンは吠えやすい・甘えんぼう・遊ぶことが好きだと紹介してきました。これらの性格からはあまり想像できないかもしれませんが、実はとても賢い犬種です。

きちんとしつけることで吠えやすい性格も直すことができます。また、教えてあげることで芸も覚えてくれます。

ポメラニアンの飼い方

しつけをする

ポメラニアンは基本的に「吠えやすい」「噛みやすい」という性格です。それと同時に賢い性格でもあるので、きちんとしつけることでこれらの性格を直すことができます。

吠えやすいことで近所の人に迷惑をかけたり、ドッグランや散歩中に他の犬に吠えて迷惑をかけることも多々あります。アパート暮らしの人が飼う犬としてはむいていません。

噛みやすい性格から、家にいるときにコード類を噛んで感電してしまうということも考えられます。これらを回避するためにもポメラニアンは正しいしつけが必要で、犬初心者には飼育が難しいかもしれません。

また、遊んだり散歩をしてあげないと要求吠えをするので、一緒にすごす時間があまり取れない人には向いていません。

ブラッシング

ポメラニアンはダブルコートの犬種です。定期的なブラッシグを行わないと、皮膚病などのリスクが高まります。

ブラッシングについては別記事に詳しく記載しています。気になる方はぜひご覧ください。

骨折に注意

ポメラニアンは「ペーパーボーン」と言われるほど骨が細く弱い犬種です。そのため、他の犬種と比べて骨折しやすいです。

骨が弱いということを意識した遊び方をする、高所から飛び降りさせないことに気をつけましょう。また、肥満になってしまうとその分負担がかかり、骨折のリスクが上がります。食事管理と適度な運動を心がけ、適性体重を守るようにしましょう。

ヒナとハリボーの部屋

ハリボー
ハリボー

ポメラニアンは小さいけどとても勇敢なんだね。

ドッグランで大型犬に立ち向かって返り討ちにあったなんて話も聞いたことがあるから、無意味に吠えたりつっかったりしないようなしつけも大切だよ。

ヒナ
ヒナ
ハリボー
ハリボー

ポメラニアンが僕に喧嘩売ってきたらもふもふしてやる。