/*サーチコンソール*/ /*google adcense*/

犬のブラッシングにおすすめなブラシ5選!

2019年10月15日

犬を飼っているみなさん、大切な愛犬に「ブラッシング」をしてあげていますか?抜け毛に悩んでいませんか?

ほとんどの犬には年2回、「換毛期」と呼ばれる毛が生え変わる時期を迎えます。家で飼う場合、この時期は家中に毛が散らばったりなど飼い主にとっても悩みの多い時期です。

そんな換毛期に必ず行わないといけないことが「ブラッシング」です。ブラッシングは犬の被毛をつやつやにしたり、部屋に抜け毛が飛び散ることを予防する効果があります。また、愛犬とコミュニケーションを取ることもできます。

今回は犬のブラッシングにおすすめなブラシをご紹介します。

換毛期の犬はブラッシングが大切 

ハリボー
ハリボー

犬にブラッシングって絶対にしないといけないのかな?

そう思っているハリボーのために、まずは猫のブラッシングの必要性を見ていくよ。

ヒナ
ヒナ

犬や猫を飼っている皆さんはブラッシングを毎日してあげていますか?

毎日でなくても週に3~5回しているのであれば問題ありません。しかし全くしていないという人は、これからブラッシングを習慣化することをお勧めします。

犬は抜け毛が多い動物なため、その毛をブラッシングでとってあげる必要があります。特に換毛期となると相当な量の毛が抜け落ちます。もしこの毛をきちんととってあげないと部屋に毛が散乱したり、被毛の中に抜け毛が埋もれてしまい、皮膚病などを患ってしまう恐れがあります。

その他、毛を清潔に保ち被毛をつやつやにするといった効果も期待できます。犬ではありませんが私の実家では猫を飼っており、ブラッシングをした次の日はとても被毛がつやつやして輝いています。

換毛期は全ての犬に訪れる?

換毛期は自身の毛をその季節に合わせたものに生え変えるという、犬にとって大切な時期です。シングルコートの犬は換毛期が訪れませんが、ダブルコートの犬は春と秋の年2回「換毛期」が訪れます。

ワンポイント!シングルコートの犬とダブルコートの犬は被毛の生え方に違いがあります。ダブルコートの犬は、紫外線などから皮膚を守るオーバーコート(上毛)と保温・保湿の役割を持つアンダーコート(下毛)の2柔構造となっています。シングルコートの犬はアンダーコートがありません。
ヨークシャーテリア・シーズーなどはシングルコート、トイプードル・ポメラニアンなどはダブルコートに分類されます。

「換毛期の訪れないシングルコートの犬はブラッシングをしなくていいのか」、というとそうではありません。シングルコートの犬は年2回の換毛期が訪れなくても、年中毛は抜け続けます。

ちなみに換毛期ほど大量の毛が抜けるわけではありませんが、ダブルコートの犬も年中毛が抜けます。

「ダブルコートの犬の換毛期には特にブラッシングを念入りにする」ということは大切ですが、シングルコート・ダブルコートに関わらず、どの犬も年中ブラッシングをしてあげてください。

ブラッシングを行わないとどうなる?

猫は自分で自分の毛を舐めて抜け毛を取り除くグルーミング(毛づくろい)を行います。しかし犬の場合、稀にグルーミングを行う子もいますが基本的に行いません。

そのため、ブラッシングをせずに抜け毛を放置していると抜け毛が被毛内に埋もれてしまいます。抜け毛が埋もれてしまうと毛が絡まり、被毛に毛玉ができてしまいます。

犬は被毛で自身の体温調整をしていますが、抜け毛が埋もれたり毛玉ができてしまうことで思うように体温調整ができなくなってしまいます。特に夏は、毛玉などによって皮膚を覆う被毛が多くなってしまい熱がこもります。その結果、散歩中に熱中症になってしまうといったことも考えられます。

また、犬はほとんど毎日散歩に連れていきます。つまり外出するということで、散歩中被毛に花粉やほこりが付着します。これらはブラッシング によって取り除くことができますが、ブラッシングをしないとこれらが皮膚に蓄積し皮膚炎の原因となってしまいます。

毛玉の予防や皮膚炎の原因物質を取り除く目的から、犬にとってブラッシングはとても大切です。

犬用オススメブラシ

ブラッシング用具

ブラッシングの大切さがわかったでしょうか?それでは今回の本題でブラッシングに必要な「オススメブラシ」をご紹介します。

ハリボー
ハリボー

換毛期だけでなく年中ブラッシングをすることが大切だということがわかったね!

換毛期のない犬もいるけど基本的に年中毛が抜ける動物だから、ブラッシングは換毛期以外にもした方がいいんだよ。

ヒナ
ヒナ
ハリボー
ハリボー

ブラシっていろんな種類があるけどどれがいいのかな。

それぞれの用途にあったブラシを使用する

アマゾンなどの通販サイトで「犬用ブラシ」と検索すると、いろいろな種類のブラシが出てきます。「コーム」とか「スリッカー」とか言われてもよくわかりませんよね。私もそうでしたが、犬初心者にはどのブラシを選べばいいのか悩むと思います。

今回は犬初心者で「どのブラシを購入すればいいの?」、と思っている人に用意してほしいブラシを5種類ご紹介します。

コームブラシ

コームとはいわゆる「クシ」のことです。私たちが朝、髪をとかすときに使用するものと同じようなものです。コームブラシは毛のもつれをほぐすもので、除毛の効果はあまり期待できません。

おすすめは1本で、2種類の目の荒さを持ったタイプのものです。

粗目側は犬の被毛をもつれをほぐす目的で使います。これは私たちがクシを使う目的と似ています。細目側は被毛についたノミを取り除く効果を持っており、「ノミ取りコーム」と呼ばれるものです。必要に応じて使い分けましょう。

また、先端が尖ったものだと皮膚を傷つけてしまう恐れがあるため、先端が丸みを帯びたものを選びましょう。

ピンブラシ

ピンブラシはまっすぐに伸びたピン(太い針金のようなもの)が、ブラシ本体に取り付けられたものです。他のブラシと比べるとピンの密集度は高くありません。毛のもつれをといたりマッサージとして使用します。

同じ毛のもつれをとく際に使用するコームと比較すると、広範囲の被毛をとくことができます。しかしコームの方がブラシの密集度が高いため、コームほど毛のもつれはとけません。ちなみにピンブラシも除毛効果はあまり期待できません。

その他、似たブラシとしてスリッカーブラシがあります。まっすぐに伸びたピンがついているピンブラシと異なり、細く曲がった針金のようなものがついているブラシです。少々扱いが難しく、使い方を誤ると皮膚を傷つけてしまうため初心者にはあまりおすすめしません。

一つのブラシで片側はピンブラシ・片側は獣毛ブラシというものがありますが、こちらもおすすめです。

グローブブラシ

グローブブラシとはその名の通り、手にはめて使うブラシです。あまりイメージがつかないかもしれませんが、これを手にはめていつものように猫を撫でてあげるだけで除毛効果があります。他のブラシは力加減が難しかったりしますが、グローブタイプは力加減を調整しやすく非常に扱いやすいブラシです。

犬によっては最初からブラッシングが苦手な子、過去にブラッシングによって痛い思いをしたトラウマがある子がいます。本当に嫌いな子はブラシをみただけで逃げてしまいます。しかしこのグローブタイプは見た目が他のブラシとは異なるため、ブラッシングが苦手な子でも受け入れてくれます。

グローブタイプのブラシで「ブラッシングをされることは気持ち良い」と思ってくれるようになれば、通常のブラッシングも克服できるかもしれません。

ブラッシングが苦手な子にはぜひ一度使ってみてほしいブラシです。

獣毛ブラシ

獣毛ブラシはブラッシングの仕上げようとして使用するもので、犬の被毛をツヤツヤにしてくれます。

ブラシに使われている毛は、猪毛・豚毛・馬毛・猪+豚毛の4種類あり、豚毛を使用したものが一般的です。また、ブラシの毛の長さや硬さもそれぞれ異なるので、飼い猫に合ったものを選びましょう。

似たブラシで、獣毛ではなくナイロン製のブラシがありますが、静電気が起きやすいためおすすめしません。

アンダーコート除毛用ブラシ

どういった名称で書けばいいかがわからなかったので、ここでは「アンダーコート除毛用ブラシ」とします。

アンダーコート除毛用ブラシは有名なものだと「ファーミネーター」で、そのままですがアンダーコートを取り除いてくれます。ダブルコートや長毛の犬を飼っている・飼おうと思っている方にはぜひ持っておいてほしいブラシです。ファーミネーターに関しては別記事にて詳しく紹介しているので、ぜひご覧ください。

シングルコートで短毛の犬にももちろんおすすめできるのですが、他のブラシと比較すると値段が高価です。シングルコートで短毛の犬はグローブブラシでしっかりと抜け毛を取り除いてあげれば問題ありません。

今回のまとめ

ブラッシングの毛玉

コーム・ピン・グローブ・獣毛・アンダーコート除毛用と5種類のブラシをご紹介しました。これらはどれも違った効果を得られるもので、できれば全て揃えてほしいです。しかし、犬をこれから飼おうと思っている人にとっては、こんなに何種類もブラシを買うことは正直悩むと思います。

シングルコートの短毛犬を飼っている・飼おうと思っていて「全部買うのはちょっと、、、」って思う方は、まずグローブ型とピンブラシを用意しましょう。まずはピンブラシで全体の毛のもつれをときながらマッサージをしてあげ、グローブブラシで抜け毛を取り除いてあげてください。

長毛犬・ダブルコートの犬を飼っている・飼おうと思っていて「全部買うのは高いなー、、、」って思っている方は、ピンブラシとアンダーコート除毛用ブラシを購入してください。値段は貼りますが、アンダーコート除毛用ブラシは、長毛・ダブルコートの犬には必須ブラシです。しっかりとアンダーコートを取り除いてあげないと毛玉ができたり、皮膚病になってしまうリスクが高くなります。

病院代を節約でき、犬にストレスを与えないためだと思えば決して高いお買い物ではないと思うので、ぜひ購入をご検討ください。

ヒナとハリボーの部屋

ハリボー
ハリボー

犬用ブラシっていってもこんなにもたくさんの種類があるんだね。

それぞれ得られる効果が違うからできれば全部揃えてほしいんだよ。

ヒナ
ヒナ
ハリボー
ハリボー

、、、今度僕にもブラッシングしてほしいな。

仕方ないなぁ。

ヒナ
ヒナ