/*サーチコンソール*/ /*google adcense*/

猫の病気と対策【ブリティッシュショートヘア】

2019年10月15日

人間が病気をするように、猫も様々な病気にかかってしまいます。猫種によってかかりやすい病気や遺伝性疾患が異なり、飼い主は対策を取る必要があります。

今回は遺伝性疾患が少なく体が丈夫とされるブリティシュショートヘアのかかりやすい病気と対策方法を見ていきましょう。

ブリティッシュ病気 サムネ

ブリティッシュショートヘアのかかりやすい病気とその対策 

ブリティッシュショートヘアは歴史の深い猫で、遺伝性疾患や病気にかかることが少ないんだよ。

ヒナ
ヒナ
ハリボー
ハリボー

なら病気とかあまり気にしなくていいんだね!

体も丈夫だし基本的に健康な猫だけど、気を付けた方がいいポイントもあるんだよ。

ヒナ
ヒナ

肥大型心筋症

原因と症状

肥大型心筋症とは、全身に血液を送る役割を持つ左心室の筋肉(心筋)が肥大化する病気です。その結果、心臓にためられる血液の量が減り、1回の拍動によって送る血液の量が減ってしまいます。中高齢の猫に多い病気です。

初期段階では無症状な場合が多いですが、進行していくとだんだんと元気がなくなり、呼吸困難・血栓症・後ろ足の麻痺などの症状をもたらします。血栓は心臓内の乱流によって発生するものです。この血栓が血流に乗り運ばれる際、血管の途中で詰まってしまう病気を血栓症(動脈血栓寒栓症)といいます。

肥大型心筋症の原因はよくわかっていません。有力な説として、肥満によってなりやすい・遺伝子が関係しているなどと言われています。

「最近元気がない」「食欲が落ちてきた」といった症状が現れたら、肥大型心筋症を疑いましょう。病気が進行すると、苦しそうに呼吸をしたり動くことを嫌がるようにもなります。

対策方法

はっきりとした原因がわかっておらず、現時点で確実な予防法・治療法はありません。少しでも怪しいと思ったら動物病院を受診し、心臓病の検査をしましょう。

肥大型心筋症が見つかったときにもらえる薬は完治させるものではなく、「進行を緩やかにする」「負担を少なくする」役割のものです。その他、血栓ができにくくする薬もあります。

これらの薬は初期段階で投与する方が効果を期待できます。肥大型心筋症は早期の発見が大切です。

ワンポイント!肥大型心筋症の早期発見のために家でできることは「日頃から猫の心拍数を測ること」です。猫は心筋の肥大化が進むと心拍数が上がります。猫の胸に手を当て、1分間で何回拍動するかを数えましょう。猫の心拍数は人間の心拍数よりも早く、1分間に140~220回だとされています。
確実に測ろうと思ったら安価なもので大丈夫なので、聴診器を用意することをおすすめします。

尿管結石

赤ちゃんブリティッシュ

症状と原因

尿管結石は人間でもよくかかる病気で、尿管に結石が生じてしまう病気です。とても痛みを伴う病気で、人間の「3大激痛」とも呼ばれています。

この尿管結石はブリティッシュショートヘアを含め猫にもかかりやすい病気で、猫の場合結石はシュウ酸カルシウム結石が大半を占めています。

尿管結石の原因と症状は以下の通りです。

原因 運動量が少ない
水分の摂取量が少ない
尿石を構成する成分が含まれる食事を与える
症状 なかなかおしっこがでずに頻繁にトイレに行く
トイレ以外の場所でおしっこをするようになった
血尿が出る
おしっこの際、痛そうに鳴く

対策 

日頃から猫のおしっこのpH値を把握しておくことが、尿管結石を予防することに繋がります。おしっこのpH値は、pH試験紙やpH値がチェックできるトイレの砂を使用することで確認することができます。

おすすめはpH値が確認できるトイレの砂を使用することで、使い方はとても簡単です。猫がおしっこをして約30分経過後、pH値が高いと砂の色が変わります。もしpH値が高かった場合、以下で紹介する対策を取り経過を見るか、動物病院を受診しましょう。

自分で検査するのが面倒だったり、こだわりの猫砂がある場合は動物病院で検査することもできます。また、定期的な健康診断で異常がないか調べることも大切です。

尿管結石の原因から考えられる予防方法は以下の通りです。

  • 適度な運動をさせる
    • 運動をしないことが直接の原因で尿管結石ができやすいのではなく、正しくは「運動をしないことで水分摂取量が減少する」です。室内飼いの場合、どうしても運動量が少なくなってしまいます。ブリティッシュショートヘアの場合、成長するとともに運動量が減ってきます。一緒に遊んであげたりキャットタワーを設置したりなど、運動ができる環境を整えましょう。
  • 十分な水分摂取をさせる
    • 上記と重複する内容となりますが、水分を摂取させるためには運動をできる環境を作ってあげることが大切です。運動することによって喉が渇き水をよく飲んでくれるようになります。水分の摂取量が少ないとおしっこの量が少なくなり、凝縮されてしまいます。水をたくさん飲むとおしっこが薄まり、量も増えます。たくさん飲んでくれるように常に綺麗なお水を用意してあげましょう。
  • 尿管結石を作りにくい食事管理
    • 尿管結石を作りやすい成分として「マグネシウム」「カルシウム」「リン」が挙げられます。餌を購入する際、これらが多く含まれているものは避けるようにしましょう。もしpH値が多かった場合は、おしっこのpHバランスを考慮した餌を与えましょう。

肥満

原因と症状

ブリティッシュショートヘアは運動能力が高く筋肉質な猫です。それと同時に、運動不足になると肥満体型になりやすい体質です。成長段階では活発な猫ですが、中年期以降は運動量が減ります。運動量が減ると体格を維持できずに肥満体型になってしまいます。

肥満になると心臓や手足の関節に負担を与えたり糖尿病を引き起こすことがあります。糖尿病は人間の生活習慣病としてもよく知られますが、猫の糖尿病はまた違った点が見られます。(詳しくはまた別の記事にします)人間は脳梗塞や心筋梗塞といった重大な病気にもつながりますが、猫の場合はそこまでひどい病気にはつながりません。

肥満自体は病気ではありませんが、様々な病気のきっかけになります。特に肥満になりやすい体質であるブリティッシュショートヘアは気をつけましょう。

対策方法

肥満にならないために気をつけることは運動をさせることです。

運動量が減る中年期以降も一緒に遊ぶことを心がけましょう。好きなおもちゃを見つけたり、キャットタワーなどを設置して運動をできる環境を整えましょう。

また、無理な食事制限をすると筋肉や体格を維持することができなくなってしまいます。食事は体格を維持するために高カロリーのもの、筋肉を維持するために高タンパクのものを与えましょう。

ブリティッシュショートヘアの体格を維持させるために「よく食べ、よく遊ぶ」ことが大切です。

ブリティッシュショートヘアの血液型

ニラミッシュ

猫の血液型は基本的にA型です。しかしブリティッシュショートヘア全体の半数以上の血液型はB型です。猫全体を見てもB型はとても珍しく、治療や出産の際に輸血が必要となる際には注意が必要です。

猫は自分の血液型と違う血を輸血してしまうと抗体のショックにより亡くなってしまうことも少なくありません。また、母子の血液型が異なる場合も危険で、死産や出産直後に亡くなってしまうこともあり、まさに命がけの出産となります。

全てのブリティッシュショートヘアがB型だということではないため、血液型がもしわからない場合はいざというときのために動物病院で血液型を調べておきましょう。

ブリティッシュショートヘアの平均寿命

ブリティッシュショートヘアの平均寿命は14~17年と言われています。猫の平均寿命が15年前後とされているためブリティッシュショートヘアはやや長生きとなります。

ブリティッシュショートヘアは歴史が古い猫なため遺伝疾患も少なく頑丈な猫でありこれが長寿の理由と言えます。

 ヒナとハリボーの部屋

ハリボー
ハリボー

とにかく運動と食事を気をつけて太らせないようにするんだね!

正しく飼ってあげたら病気も少ないし長生きしてくれる猫だよ。

ヒナ
ヒナ
ハリボー
ハリボー

輸血するときも気をつけないとね。

いざというときのために血液型も調べてね。

ヒナ
ヒナ
ブリティッシュショートヘアについてもっと知りたい! 猫の特徴と飼育方法〜ブリティッシュショートヘア編〜