/*サーチコンソール*/ /*google adcense*/

犬の病気と対策【マルチーズ】

人間が病気をするように、犬も様々な病気にかかってしまいます。犬種によってかかりやすい病気や遺伝性疾患が異なり、飼い主は対策を取る必要があります。

今回は世界最古の愛玩犬「マルチーズ」のかかりやすい病気と対策方法を見ていきましょう。

マルチーズのかかりやすい病気

マルチーズは「最も多い心臓病」と言われている病気の好発犬種としてあげられるよ。

ヒナ
ヒナ
ハリボー
ハリボー

それ以外にも体が小さいから、激しい運動をすると体に負担がかかりそうだね。

憎帽弁閉鎖不全症

症状と原因

憎帽弁閉鎖不全症(ぞうぼうべんふぜんしょう)は、犬の心臓病の中で最も多くみられる病気です。初期症状があまり見られず、発見が難しい病気です。

心臓には4つの部屋があり、その中に「左心房」と「左心室」と呼ばれる部屋があります。肺から流れてきた血液はこの「左心房」に流れ、「左心室」を通り全身に送り出されます。この2つの部屋の間には「憎帽弁」と呼ばれる扉があり、[ 左心房→左心室 ]にしか血液が流れない仕組みになっています。

しかし、老化とともにこの「憎帽弁」がしっかりと閉じなくなります。すると血液の流れは逆流し、[ 左心房⇄左心室 ]という状態になってしまいます。逆流することで、肺にも血液が到達し肺水腫(肺に水が溜まり血圧が上がった状態)になったり、全身に血液が送られなくなり失神したりといった症状が現れます。

この病気になるとまず、運動をした時に軽い咳がでます。それと同時に心臓に雑音が入るようになります。これは血液が逆流することにより心臓が大きくなり、気管を圧迫するためです。

さらに病気が進行すると、咳が頻繁に出るようになり散歩をしただけで疲れ、やがて散歩に行きたがらなくなります。全身に血液をうまく送れなくなることで、
意識を失う→数分で元に戻る→よろよろと立ち上がる→しばらくしたらまた意識を失う
という症状がでてきます。このような症状は他の心臓病や呼吸器の病気にも現れるため、心臓の検査を行い何の病気かを判断します。

対策方法

憎帽弁閉鎖不全症は、好発犬種としてあげられるマルチーズなどの高齢犬の約3割が発症すると言われています。確かな予防法はありませんが、「高確率で発症する」ということを頭に入れ、早期発見・早期治療をすることが大切です。

主に行われる治療法は、ナトリウムを制限し心臓の負担を減らす「食事療法」、利尿剤・血管拡張剤・不整脈治療薬などを使用し心臓の負担を抑える「内科療法」です。その他、憎帽弁の修復を行う「外科療法」が行われることもあります。

これらは症状の進行度によって使い分けられます。

先天性門脈体静脈短絡

症状と原因

先天性門脈体静脈短絡(別名:先天性門脈シャント)は、名前の通り先天性の病気です。門脈・大静脈の間にシャント血管という血管ができてしまうことで発症します。

門脈とは腸から肝臓に流れ込む太い静脈血管のことで、以下のような働きをします。

  1. 腸から吸収した栄養素・腸の細菌が作ったアンモニアなどの毒素を吸収
  2. アンモニアなどの毒素が門脈を通り、血液・酸素とともに肝臓に流れる
  3. アンモニアは無毒化され、尿素に変換
  4. 腎臓で尿として排泄される

門脈シャントができると、門脈から肝臓への道中、他の静脈への逃げ道ができてしまいます。すると上の働きと同時に、門脈シャントにより以下のような障害が起きてしまいます。

  1. 腸から吸収した栄養素・腸の細菌が作ったアンモニアなどの毒素を吸収
  2. アンモニアが門脈シャントを通り他の静脈へ流れる
  3. 無毒化されていないアンモニアが全身を巡る
  4. アンモニアが全身を巡ることで脳障害を引き起こす
  5. 門脈シャントを通り血液・酸素が別の静脈を流れ、肝臓に血液・酸素が十分に供給されなくなる
  6. 肝臓は小さくなり、機能が低下する
  7. 肝機能低下により尿管結石ができやすくなる

先天性門脈体静脈短絡になると、食べる量が減り不健康に痩せてしまいます。また、多飲多尿も症状としてあげられます。その他、痙攣(けいれん)を起こす・よだれを垂らす・嘔吐や下痢などの症状も見られます。尿管結石ができてしまった場合は、頻尿や血尿、排尿困難といった症状も現れます。

対策方法

先天性門脈体静脈短絡は先天性の病気なため、予防法はありません。ヨークシャーテリアを含め多くの犬種に発生しますが、発症する場合は2歳未満で症状が現れることが多いです。怪しいと思ったらすぐに動物病院を受診しましょう。

治療法は以下のようなものが行われます。

食事管理
低タンパク食を少量頻回に与え、血液中のアンモニア濃度を上昇させないようにする
内科療法
解毒治療や肝臓保護薬の投薬
外科治療
手術によりシャント血管を縛って止める

膝蓋骨脱臼

膝蓋骨脱臼(しつがいこつだっきゅう)とは、膝蓋骨(膝のおさら)が滑車溝(モモの骨にある関節部)から外れることです。

外傷性の場合もありますが、先天性の場合や発育に伴い発症してくることが多いです。遺伝的要因が強く関係しており(外傷の場合は除く)、柴犬などの小型犬に多く見られます。

膝蓋骨脱臼はの症状は、Singletonと呼ばれる分類で重症度を以下のように表します。

分類 状   態 症   状
グレード1 通常時は滑車溝に収まっているが、膝蓋骨を押すと脱臼する 無症状〜ときどき軽い症状
グレード2 自然に脱臼と整復を繰り返す 無症状〜重度まで様々。軽度の骨格変形を起こす。
グレード3 通常時は脱臼しているが、整復できる 歩き方に異常が出る。骨格の変形が目立つ。
グレード4 常に脱臼しており、整復不能 重度の骨格変形。足が使えず歩くことができない。

対策

膝蓋骨脱臼は遺伝疾患なため完全な予防法はありませんが、以下のように環境・生活習慣を変えるだけでも予防につながります。

  • 階段などの段差を犬が登り降りできないようにする
  • 滑りやすいフローリングなどにはカーペットを敷いて滑りにくくする
  • 体重の管理をする
  • 毎日散歩に行くようにして、筋肉が衰えないようにする

グレードが低い状態で発見できれば、薬の投薬と生活習慣の改善によって信仰を抑制することができます。少しでも怪しいと思えば、迷わずに動物病院を受診しましょう。

白内障

症状と原因

白内障(はくないしょう)とは、目の中にある水晶体が白く濁り視力が損なわれる病気です。水晶体は外光を集めピントを合わせる働きをしており、健康状態では透明色です。この水晶体が白く濁ってしまうことでこれらの働きができなくなり、視力が損なわれてしまいます。白内障になった目を正面から見ると、瞳孔(どうこう)の奥が白く見えます。

白内障には、「老年性白内障」と呼ばれる老化とともに発症しゆっくり進行していくものや、「若年性白内障」と呼ばれる遺伝的要因により8才ごろまでに発症するものがあります。これ以外にも生まれつき水晶体が濁っている「先天性白内障」や外傷による白内障などがあります。その他、糖尿病・栄養欠乏。ホルモンの病気などが原因となり引き起こることもあります。

白内障の症状は以下の通りです。

老年性白内障
老化とともに発症し、ゆっくりと進行する。少しずつ視力の低下が起こり、物にぶつかったりつまずくようになる。目の炎症を伴う場合は、まぶしそうにしたり目をこすったりする。進行することで視力を完全に失ってしまうこともある。
若年性白内障
遺伝的要因により8才ごろまでに発症する場合が多い。目の奥にある網膜の変化から始まることが多い。白内障の症状である目が白くなる前から、物ぶつかったりつまずいたりする症状が現れ、視力が低下し始める。

対策方法

白内障は遺伝・老化によって引き起こされるため、予防が難しい病気です。マルチーズなどの白内障にかかりやすい犬種は動物病院で定期的な検査を受け、早期発見・早期治療が大切です。

視力がまだ失われていない段階では、目薬や飲み薬により進行を抑えることが可能です。

症状が進行し、物にぶつかったりつまずいたりなど日常生活が困難な場合は、外科的な治療を行います。しかし、若年性白内障などで網膜の機能が低下している場合、視力の回復はあまり期待できません。

マルチーズの平均寿命

マルチーズの平均寿命は13才です。犬としては平均的ですが、マルチーズの分類される「超小型犬」の中で見るとやや短命と言えます。

定期的な検査で心臓病になっていないかを検査すること、食事管理と適度な運動、飼育環境を整えることで長生きしてくれるはずです。

ヒナとハリボーの部屋

ハリボー
ハリボー

太らせないように適度な運動をしないといけないけど、運動させすぎにも注意しないといけないね。

体に負担がかかりにくい環境づくりも忘れずにね。

ヒナ
ヒナ
ハリボー
ハリボー

憎帽弁閉鎖不全症に関しても「うちの犬は大丈夫」って思わないで、高確率でかかるって思っておいた方がよさそうだね。

そうだよ。定期的な検査と、少しでもおかしいと思ったら動物病院を受診することも大切だよ。

ヒナ
ヒナ
マルチーズについてもっと知りたい! 犬の特徴と飼育方法【マルチーズ】