/*サーチコンソール*/ /*google adcense*/

猫の病気と対策【ラグドール】

2019年10月15日

人間が病気をするように、猫も様々な病気にかかってしまいます。猫種によってかかりやすい病気や遺伝性疾患が異なり、飼い主は対策を取る必要があります。

今回は遺伝疾患が少なく健康な猫「ラグドール」のかかりやすい病気と対策方法を見ていきましょう。

ラグドールがかかりやすい病気と対策

ラグドールは遺伝疾患が少なくて他の猫と比べると健康なんだよ。

ヒナ
ヒナ
ハリボー
ハリボー

でもやっぱり気をつけないといけないポイントもあるんだよね?

もちろんあるよ!

ヒナ
ヒナ

肥大型心筋症

原因と症状

肥大型心筋症とは、全身に血液を送る役割を持つ左心室の筋肉(心筋)が肥大化する病気です。その結果、心臓にためられる血液の量が減り、1回の拍動によって送る血液の量が減ってしまいます。中高齢の猫に多い病気です。

初期段階では無症状な場合が多いですが、進行していくとだんだんと元気がなくなり、呼吸困難・血栓症・後ろ足の麻痺などの症状をもたらします。血栓は心臓内の乱流によって発生するものです。この血栓が血流に乗り運ばれる際、血管の途中で詰まってしまう病気を血栓症(動脈血栓寒栓症)といいます。

肥大型心筋症の原因はよくわかっていません。有力な説として、肥満によってなりやすい・遺伝子が関係しているなどと言われています。

「最近元気がない」「食欲が落ちてきた」といった症状が現れたら、肥大型心筋症を疑いましょう。病気が進行すると、苦しそうに呼吸をしたり動くことを嫌がるようにもなります。

対策方法

はっきりとした原因がわかっておらず、現時点で確実な予防法・治療法はありません。少しでも怪しいと思ったら動物病院を受診し、心臓病の検査をしましょう。

肥大型心筋症が見つかったときにもらえる薬は完治させるものではなく、「進行を緩やかにする」「負担を少なくする」役割のものです。その他、血栓ができにくくする薬もあります。

これらの薬は初期段階で投与する方が効果を期待できます。肥大型心筋症は早期の発見が大切です。

ワンポイント!肥大型心筋症の早期発見のために家でできることは「日頃から猫の心拍数を測ること」です。猫は心筋の肥大化が進むと心拍数が上がります。猫の胸に手を当て、1分間で何回拍動するかを数えましょう。猫の心拍数は人間の心拍数よりも早く、1分間に140~220回だとされています。
確実に測ろうと思ったら安価なもので大丈夫なので、聴診器を用意することをおすすめします。

尿管結石

症状と原因

尿管結石は人間でもよくかかる病気で、尿管に結石が生じてしまう病気です。とても痛みを伴う病気で、人間の「3大激痛」とも呼ばれています。この尿管結石はラグドールを含め猫にもかかりやすい病気で、猫の場合結石はシュウ酸カルシウム結石が大半を占めています。

尿管結石の原因と症状は以下の通りです。

         
原因運動量が少ない
水分の摂取量が少ない
尿石を構成する成分が含まれる食事を与える
症状なかなかおしっこがでずに頻繁にトイレに行く
トイレ以外の場所でおしっこをするようになった
血尿が出る
おしっこの際、痛そうに鳴く

対策 

日頃から猫のおしっこのpH値を把握しておくことで尿管結石を予防することが可能です。pH試験紙やpH値がチェックできるトイレの砂を使用することで、おしっこのpH値を確認することができます。おすすめはpH値が確認できるトイレの砂を使用することで、使い方はとても簡単です。猫がおしっこをして約30分経過後、pH値が高いと砂の色が変わります。

自分で検査するのがめんどくさかったり、こだわりの猫砂がある場合は動物病院で検査することもできます。また、定期的な健康診断で異常がないか調べることも大切です。

その他、尿管結石の原因から考えられる予防方法は以下の通りです。

  • 適度な運動をさせる
    • 運動をしないことが直接の原因で尿管結石ができやすいのではなく、正しくは「運動をしないことで水分摂取量が減少する」です。室内飼いの場合、どうしても運動量が少なくなってしまいます。
    • ラグドールは落ち着いた性格のため、特に運動量の少ない猫です。意識して一緒に遊んだり、猫が自分で遊ぶことができるような環境を整えてあげましょう。
  • 十分な水分摂取をさせる
    • 上記と重複する内容となりますが、水分を摂取させるためには運動をできる環境を作ってあげることが大切です。運動することによって喉が渇き水をよく飲んでくれるようになります。
    • 水分の摂取量が少ないとおしっこの量が少なくなり、凝縮されてしまいます。水をたくさん飲むとおしっこが薄まり、量も増えます。たくさん飲んでくれるように常に綺麗なお水を用意してあげましょう。
  • 尿管結石を作りにくい食事管理
    • 尿管結石を作りやすい成分として「マグネシウム」「カルシウム」「リン」が挙げられます。餌を購入する際、これらが多く含まれているものは避けるようにしましょう。もしpH値が多かった場合は、おしっこのpHバランスを考慮した餌を与えましょう。

毛球症

症状と原因

毛球症は毛づくろいした時に少しずつ飲み込んだ毛が胃で塊となることで、胃や腸に様々な症状を起こす病気です。この塊は毛球と呼ばれ、胃で生成されます。毛は体内では消化されず、胃液で満たされた胃内で毛がもまれることで毛球が大きく育っていきます。

猫は本来毛を飲み込んでも毛球が作られることはなく、ほとんどの場合便として排出されるようになっています。毛球が作られてしまった場合でも、定期的に嘔吐することで体内に毛球を溜めずに吐き出すようになっています。

しかし、ラグドールのように被毛の厚い猫や毛づくろいの頻度が多い猫は胃で作られた毛球を正常に吐き出すことができないまま大きく育っていきます。それにより、毛球が胃の限界量を超えて腸に詰まることで毛球症を発症してしまいます。

対策

毛球が胃の限界量を超えてくると、食欲がなくなったり嘔吐の頻度が多くなるなどの症状が現れます。毛球が腸へ流れると緊急性のある「腸閉鎖」を起こしてしまうことがあるため、このような症状が現れたらすぐに動物病院へ受診しに行きましょう。

また、毛球症を予防するために細めなブラッシングを行うことと、飲み込んだ毛を体外へ排出させるために猫草などの繊維を食べさせましょう。

ラグドールの平均寿命

ラグドールの平均寿命は14~16年と言われています。猫の平均寿命が15年前後と言われているため、ラグドールはやや長生きとなります。

ラグドールがやや長生きな理由はほとんどの場合室内で飼われているためでしょう。室内で猫を飼っている場合でも外と中を行き来できるようにしている場合がありますが、ラグドールの場合は鈍感な性格をしているため外に出す飼い主はほとんどいません。

一生を外で暮らす猫はノミやダニ、寄生虫などの影響で室内猫と比べると平均寿命が5年前後変わると言われています。

ヒナとハリボーの部屋

ラグドールは遺伝疾患が少ないから普段から健康を意識して飼育すれば健康でいてくれるよ。

ヒナ
ヒナ
ハリボー
ハリボー

日頃からおしっこを観察すること、定期的にブラッシングを行うこと、あと心拍数をチェックすることを特に意識すればいいんだね。

あとラグドールは絶対に室内で飼ってあげてね。室外に出したらだめだよ。

ヒナ
ヒナ
ハリボー
ハリボー

どうして外に出したらだめなの?

ラグドールって鈍感な性格をしているから外の危険に対応できないんだよ。飼育方法の記事にも書いてあるよ。

ヒナ
ヒナ