/*サーチコンソール*/ /*google adcense*/

犬の病気と対策【柴犬】

人間が病気をするように、犬も様々な病気にかかってしまいます。犬種によってかかりやすい病気や遺伝性疾患が異なり、飼い主は対策を取る必要があります。

今回は小さくても体の健康な「柴犬」のかかりやすい病気と対策方法を見ていきましょう。

柴犬のかかりやすい病気

柴犬はあまり病気にかからなくて体が丈夫な犬種なんだよ。

ヒナ
ヒナ
ハリボー
ハリボー

だったらこの記事はここでもうおしまいだね!!

えっと、、体が丈夫な柴犬だけどかかりやすい病気もあるから見ていこっか。

ヒナ
ヒナ

アトピー性皮膚炎

症状と原因

アトピー性皮膚炎は、強いかゆみや皮膚全体に炎症を引き起こす病気です。犬は基本的にグルーミング(毛づくろい)をあまりしない動物ですが、アトピー性皮膚炎になると自分の身体を舐めたりかじったりする動作が多くなります。その他、いつも以上に脚で身体をかくような動作が多くなったと感じたらアトピー性皮膚炎を疑いましょう。

アトピー性皮膚炎が慢性化すると、皮膚が分厚くなる・皮膚が黒ずむ・フケや抜け毛が多くなるなどの症状が現れます。年中かゆみがある犬や、花粉が飛ぶ時期など季節的にかゆみが強くなる犬もいます。皮膚炎がよく現れる場所は以下の通りです。

顔周辺
目の周り、口の周り、耳の周り
体の先端部
足先、尻尾、肛門周り、陰茎部
皮膚の重なる場所
わき、股の内側、ひじ、膝の裏側、指の間、肉球の間

アトピー性皮膚炎は皮膚の過敏な反応や、皮膚を保護する機能が低下する遺伝を持った犬が特になりやすい病気です。このような犬の皮膚や呼吸を通してアレルギー物質(ほこり・花粉・雑菌など)が体内に侵入することで、痒みが起こります。

対策方法

遺伝的な要因がある病気なため、確実な対策方法はありません。できることとして、皮膚の保護機能のあるシャンプーで身体を洗うことや、ストレスを与えないことです。ストレスを与えると、そのストレスによってかゆみが増幅してしまいます。また、治療や対策として必須脂肪酸のサプリメントなどが使用されます。

アレルギー検査を行い、それに対する対策を取ることも大切です。検査結果として出たアレルゲン(アレルギーとなる物質)が付着しない・皮膚に触れる時間を短くするようにしましょう。

上記であげたように「ほこりや花粉」がアレルゲンとして出た場合、付着を防ぐために散歩の際は静電気予防の服を着用する、触れる時間を短くするためにこまめにシャンプーをするなどが有効です。また、空気清浄機を使用して部屋のほこりや花粉を除去することも効果的です。一部のアレルゲンに対しては、「減感作療法」と呼ばれる徐々に身体をアレルギー物質に慣らしていくという治療法もあります。

アトピー性皮膚炎は、発症すると完治することが困難な病気です。継続的な治療やケアにより、痒みが気にならず身体をかかない・よく寝るようになることを目標に治療を進めていきましょう。

外耳炎

症状と原因

外耳炎(がいじえん)とは、外耳道の皮膚に炎症が起こる病気です。アトピー性皮膚炎や食物アレルギーを発症する、アレルギー体質の犬の約8割は外耳炎を併発しているというデータが出されています。

外耳炎の主な原因は雑菌の繁殖です。犬の耳は構造上換気がされにくく、湿りやすいため細菌が繁殖しやすくなっています。また、耳垢がたまり外耳道の粘膜を刺激することも原因の一つとして考えられます。

外耳炎の症状は耳のかゆみです。頭を振る・耳を何かにこすりつけるなど、耳が痒そうな動作をした場合は外耳炎を疑いましょう。悪化すると痛みを伴うようになり、触られることを嫌がるようになります。

対策方法

外耳炎の対策は普段から耳を清潔に保つことです。耳道洗浄液などを使用して耳垢を除去したり、耳を拭いてあげるなどが効果的です。耳の奥に綿棒を入れて掃除すると、耳の中を傷つけ逆に炎症を引き起こしてしまう場合もあります。見える範囲を優しく掃除するか、自信がない場合は動物病院でしてもらいましょう。

外耳炎の一般的な治療として、耳の掃除・耳に抗生物質や抗菌薬の塗布が行われます。必要であれば耳毛を抜くこともあり、原因を知るために耳垢の成分を調べることもあります。

外耳炎は一度発症すると慢性化しやすく、再発しやすい病気です。日頃から耳を清潔に保つことや、一度発症したら定期検診を受けることをを心がけましょう。

白内障

症状と原因

白内障(はくないしょう)とは、目の中にある水晶体が白く濁り視力が損なわれる病気です。水晶体は外光を集めピントを合わせる働きをしており、健康状態では透明色です。この水晶体が白く濁ってしまうことでこれらの働きができなくなり、視力が損なわれてしまいます。白内障になった目を正面から見ると、瞳孔(どうこう)の奥が白く見えます。

白内障には、「老年性白内障」と呼ばれる老化とともに発症しゆっくり進行していくものや、「若年性白内障」と呼ばれる遺伝的要因により8才ごろまでに発症するものがあります。これ以外にも生まれつき水晶体が濁っている「先天性白内障」や外傷による白内障などがあります。その他、糖尿病・栄養欠乏。ホルモンの病気などが原因となり引き起こることもあります。

白内障の症状は以下の通りです。

老年性白内障
老化とともに発症し、ゆっくりと進行する。少しずつ視力の低下が起こり、物にぶつかったりつまずくようになる。目の炎症を伴う場合は、まぶしそうにしたり目をこすったりする。進行することで視力を完全に失ってしまうこともある。
若年性白内障
遺伝的要因により8才ごろまでに発症する場合が多い。目の奥にある網膜の変化から始まることが多い。白内障の症状である目が白くなる前から、物ぶつかったりつまずいたりする症状が現れ、視力が低下し始める。

対策方法

白内障は遺伝・老化によって引き起こされるため、予防が難しい病気です。柴犬などの白内障にかかりやすい犬種は動物病院で定期的な検査を受け、早期発見・早期治療が大切です。

視力がまだ失われていない段階では、目薬や飲み薬により進行を抑えることが可能です。

症状が進行し、物にぶつかったりつまずいたりなど日常生活が困難な場合は、外科的な治療を行います。しかし、若年性白内障などで網膜の機能が低下している場合、視力の回復はあまり期待できません。

膝蓋骨脱臼

症状と原因

膝蓋骨脱臼(しつがいこつだっきゅう)とは、膝蓋骨(膝のおさら)が滑車溝(モモの骨にある関節部)から外れることです。

外傷性の場合もありますが、先天性の場合や発育に伴い発症してくることが多いです。遺伝的要因が強く関係しており(外傷の場合は除く)、柴犬などの小型犬に多く見られます。

膝蓋骨脱臼はの症状は、Singletonと呼ばれる分類で重症度を以下のように表します。

分類 状   態 症   状
グレード1 通常時は滑車溝に収まっているが、膝蓋骨を押すと脱臼する 無症状〜ときどき軽い症状
グレード2 自然に脱臼と整復を繰り返す 無症状〜重度まで様々。軽度の骨格変形を起こす。
グレード3 通常時は脱臼しているが、整復できる 歩き方に異常が出る。骨格の変形が目立つ。
グレード4 常に脱臼しており、整復不能 重度の骨格変形。足が使えず歩くことができない。

対策

膝蓋骨脱臼は遺伝疾患なため完全な予防法はありませんが、以下のように環境・生活習慣を変えるだけでも予防につながります。

  • 階段などの段差を犬が登り降りできないようにする
  • 滑りやすいフローリングなどにはカーペットを敷いて滑りにくくする
  • 体重の管理をする
  • 毎日散歩に行くようにして、筋肉が衰えないようにする

グレードが低い状態で発見できれば、薬の投薬と生活習慣の改善によって信仰を抑制することができます。少しでも怪しいと思えば、迷わずに動物病院を受診しましょう。

柴犬の平均寿命

柴犬の平均寿命は12~15才で、他の犬種と比較すると長寿です。

ちなみに世界一の長寿犬としてギネス記録のある「プースケ」ちゃんは柴犬です。交通事故に合い後ろ足の脱臼や内臓破裂があったらしいですが、26才8ヶ月も生きたそうです。

ヒナとハリボーの部屋

ハリボー
ハリボー

柴犬は健康でギネス記録に残っているほど長生きするんだね。

プースケちゃんの飼い主さんによると、長生きの秘訣は「ストレスをかけないこと」みたいだよ。

ヒナ
ヒナ
ハリボー
ハリボー

それって柴犬に限らず、他の犬・他の動物でも言えることだね!

あと健康管理のために毎日耳を触って熱がないかを確認していたみたいだよ。他には特に変わったことはしていないみたいだから、日頃から体調をしっかりと見てふとした変化に気づくことが長寿の秘訣だよ。

ヒナ
ヒナ
柴犬についてもっと知りたい!

犬の特徴と飼育方法【柴犬】